更年期と女性ホルモン

このブログで更年期の予防の情報を仕入れ、やってくる更年期を健やかにすごしてください。

更年期と更年期障害

人は誰もが年齢をかさねるものです。たとえば8歳までの小児期、18歳までを思春期、そして女性の場合、45歳くらいまでを性成熟期と呼びます。

そしてこの次に迎えるのが更年期であり、45歳くらいからおよそ55歳くらいまでをいいます。更年期においては、女性にとってとても大きな変化に遭遇するものです。このひとつが閉経です。

性成熟期から更年期にいたるまで、徐々に卵巣機能が低下し続けます。そしてこれには女性ホルモンの分泌量が大きく影響しているものです。

また、女性ホルモンが急激に減少することにより、身体のみならず精神的にも大きな影響を及ぼすことになります。これこそが更年期障害であるわけです。

肩こり、残り

肩こりや首のこりは、プレ更年期にとでも多い症状です。女性ホルモンの低下で起こる肩こりは、鉄の板を入れたような感じに。もともと肩こり症の人も、異常なくらい硬く痛くなります。

また、今まで肩こりなんてほとんど感じなかっだのに、急に近ごろ肩こりを感じるようになったという人も。これもプレ更年期の兆候かもしれません。肩こりや首のこりだけでなく、肩こりによる頭痛や耳鳴り、目の疲れも、プレ更年期に起こりやすい症状です。

血行が悪くなっている証拠

女性ホルモンが低下すると、血液の循環も悪くなりがちです。血行が悪くなると、筋肉に疲労物質である乳酸がたまって、筋肉が凝り固まります。また、血行が悪くなることで、体が冷えて、さらに筋肉が硬くなるという、悪循環です。

それに加え、ストレス、運動不足、忙しくて緊張感が続くなどによって、肩こりはさらに起こりやすくなります。

肩こり、首のこりなど筋肉のこりも、女性ホルモンの低下と大きな関係があるのです。


ストレッチや入浴で

ほかにも日常生活の工夫として、ストレッチや軽い運動はおすすめです。血行をよくし、冷えを解消し、固まった筋肉をほぐしてくれます。また、冬場はもちろん、夏でも湯舟に毎日つかることは大事。足が冷えていると、肩もこりやすくなります。

男性にも更年期障害がある

男性にもプレ更年期、更年期障害はあります。女性は卵巣の寿命が突然やってきて女性ホルモンが激減します。

一方、男性はホルモンが安定していて、年齢によるホルモン減少も少しずつしか進みません。男性は60代になってもホルモンがあって、その年代の女性よりもエストロゲンを多く持っている男性がいるほど。

けれども男性でもストレスや生活習慣、体調低下で急にホルモンが下かって、更年期症状が出ることも。女性の更年期が知られていない時代は、怠け病といわれ苦しんできました。

男性にも更年期があるとわかれば、互いに思いやることができるのではないでしょうか。一部の泌尿器科や内科では男性へのホルモン補充療法を行っているところもあります。
ギャラリー
  • お腹の張り、腹痛
  • 爪が弱くなる、 割れやすい
  • 女性ホルモンの減少で更年期の症状が起きる
  • 【更年期の症状】心のイライラ