更年期と女性ホルモン

このブログで更年期の予防の情報を仕入れ、やってくる更年期を健やかにすごしてください。

女性ホルモンの減少で更年期の症状が起きる

menopause5

加齢によって臓器は老化し、機能がおとろえます。女性特有の臓器、卵巣も例外ではありません。卵巣の働きがおとろえ、卵巣から分泌している女性ホルモンの量が徐々に減ると、月経の周期が乱れ出します。

28日前後の周期でめぐっていた月経の周期が短くなったり(頻発月経)、逆に2ヵ月に1回、半年に1回と周期が長くなること(稀発月経)もあります。

周期が短くなったことで、「若返っだのでは?」と勘違いする人もいますが、40歳からの頻発月経は、卵巣の機能が低下しはしめたことにより排卵が早まったことなどの原因で生じ、閉経を意識すべき兆しであると覚えておいてください。

このように周期が不規則になりながら、やがて月経がこなくなります(閉経)。
日本人の閉経の平均年齢は、49.5プラスマイナス3.5歳で、中央値は50.5歳といわれています。

また、ホルモンも不調に影響を与えます。ホルモンとは、ギリシア語で「刺激する」という意味です。脳からの指令を伝える命令系統のうち、内分泌系の命令を伝達する物質のことを指し、環境や体調の変化にカラダをうまく順応させる役割があります。

成長ホルモン、副腎皮質ホルモンなど、現在わかっているだけでも70種類以上あり、なかには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という、女性特有のホルモンもあります。

ホルモンの働きは脳の視床下部というところでコントロールされているのですが、ときにはその働きが乱れることもあります。たとえば、過度のストレスを受けて女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順になったり、男性特有の身体現象であるビゲがはえるといったことも起こります。

特に、40歳からの女性については、女性ホルモンのうち「女性らしさ」をつくるエストロゲンが加齢によって減少しだすと、まずは、汗をかきやすくなったり、冷えやのぼせ(ホットフラッシュ)、めまい、寒気、動悸などの不調を訴えるようになります。

これらは、自律神経という、自分の意志に関係なく、呼吸や心拍、循環、消化など、生命を維持するために必要な働きをもつ神経にかかわる不調です。

人間には「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」という、カラダ白身が恒常性(バランス)を保つように働く仕組みがもともと備わっていて、ホルモンのバランスや自律神経の働きなども、ホメオスタシスによってコントロールされています。

そして、ホルモンや自律神経の働きはお互いに影響を及ぼしあっています。このため、ホルモンバランスが崩れると前述のような自律神経にかかわる不調が起きることになります。

その後、倦怠感や不安、憂うつ、不眠といったココロに関係する症状があらわれます。さらに、骨量の減少や肌の乾燥、膣の乾燥や粘膜の萎縮などが徐々に進み、これらの症状は閉経後に顕著になっていきます。

健康診断などで高脂血症(脂質異常症)あるいは高血圧、動脈硬化と診断されてしまうのも、エストロゲンの減少によるところが大きいのです。コレステロールをため込みやすくもなり、コレステロール値が高くなるだけでなく、太りやすくなります。

【更年期の症状】心のイライラ

annoy

更年期に近づいて女性ホルモンが低下すると、ストレスへの耐性が弱くなっていきます。
以前はなんなく乗り越えられたことが、わずらわしくて極端に耐えられなくなってしまうのも、女性ホルモンが低下しているからです。最初は生理前のイライラたったものが、徐々に生理周期に関係なくいつもイライラするようになり、心の不調を感じるようになります。

小さなことでイライラして、気になる。思考が堂々めぐりしてしまう。情緒が不安定になり、カツとなったかと思うと、ドカンと落ちこんでしまう。たいしたことではないのに、強いストレスを感じてしまう。

いきなり涙が出る。焦燥感が止められない。漠然とした不安を感じる。クヨクヨしてしまう。憂うつやうつ状態になる。何もする気が起こらない。よく眠れない。眠りが浅い。

人と接するのが億劫で出不精になる、などなど。心や情緒に強く症状が現れます。

からだと心はつなかつています。からだを立て直して。心の症状を解消する方法をご紹介します。

更年期の心の症状を、漢方薬で劇的に変えるのは難しいかもしれませんが、長く飲み続けると効果があります。女性ホルモン剤である程度よくなったら、漢方薬に切りかえる方法もあります。できればプレ更年期から漢方薬を始めておくと、更年期障害の予防になります。漢方薬は早目に始めておくことで効果を発揮する薬なのです。

プレ更年期や更年期の心の症状には、加味逍遥散、半夏厚朴湯、抑肝散がよく使われます。

加味逍遥散は、イライラ、情緒不安定に自律神経失調症が組み合わごったような、たくさんの症状がある人に。

半夏厚朴湯、抑肝散は、うつうつとして、のとにつかえるような感じがあり、お腹をさわると、みぞおちあたりやわき腹に張った感じがする人に。

ほかに、心身が疲れ弱って眠れない人には、酸棗仁湯が、神経質で胃腸が弱くなっている人には、香蘇散が効きます。

またサプリメントは、セントジョンズワート、バレリアン、大豆イソフラボン、チェストツリー、ブラックコホッシュ、薬用人参(朝鮮人参)、カルシウム、ロイヤルゼリーがおすすめ。

特に、薬用人参には、ストレス対抗作用と副腎を強化して元気にしてくれる働きがあります。

漢方では、「イライラは肝(肝臓)からくる」といいます。肝臓によい、ウコン、笹のエキスなどのサプリメントは、浄化作用があって、からだを楽にしてくれます。そうすると、心も元気になります。


イライラして心の不調があるときは、肝 機能が低下していることが多いのです。食事を軽くしてみてください。ずいぶん、イライラが減ってきます。
油分、塩気の少ないものを中心にして、アルコールやカフェインなど肝臓への負担が多いものを減らしましよう。

かぼちや、たまねぎ、かぶ、ゆり根など丸い形の野菜は、心を丸くするといわれています。食事にとり入れてみてください。お肉だったら、ビタミンB群が豊富な豚肉を。便の通りをよくしてくれます。ゆでた温野菜と一緒に食べましよう。また、精神安定に効果がある発芽玄米は、イライラには特におすすめします。

日常生活でケアしたいのは、ます睡眠。つらいときは、夜10時にはベッドに入りましょう。睡眠をよくとると、からだが楽になります。

【更年期の症状】生理の出血量が減ったり、生理の周期が短くなる

生理のときの出血量が最近、減ってきた、また、5日間は出血していたのに、3日間くらいで終わってしまったり、きれいな鮮血でなく、生理の終わりころのようなどろっと黒っぽい出血になってしまったという人は生理の出血量が減っている証拠です。

また生理の間隔(
以前は生理の間隔が約28日だったのが、短くなって22~24曰くらいですぐ生理がきてしまう)が短くなってくるのも、生理の出血量が減ってくるのもプレ更年期の兆候です。

生理のときの出血は、子宮内膜がはがれ出てくるものです。子宮内膜はエストロゲンの力で厚くなって、その後、子宮内膜がはがれ出血とともに落ちてくるのですが、エストロゲンの力が弱いと、子宮内膜が十分厚くならすに排卵し、その後、はがれてしまうので、出血量が少なくなります。

これはプレ更年期で卵巣の働きが落ちてきたのが原因です。プレ更年期でなくても体調が悪いと、脳から卵巣への指令がうまくいかす、エストロゲンが減って、内膜が厚くならす出血量が減る人もいます。

また、生理の間隔が短くなってくるのも、エストロゲンの力が弱くなっているのが原因です。卵巣機能が落ちてきている証拠で、プレ更年期の症状です。

プレ更年期で生理の間隔が短くなって、24日とか22日周期でしょっちゅう生理がきて出血すると、貧血になるこ
ともあるので注意が必要です。

日常の生活で鉄分をたくさん含んだ小松菜やパセリ、クレソンなどの食品やサプリメントを利用していつもより多めに摂るように心がけることが大切です。

生理の間隔が短いのに、たまに出血量が多くなるときがあると、貧血で調子が悪くなります。めまい、立ちくらみがする、階段を上がるとドキド牛する、すぐ疲れるなどの症状もあったら一度貧血の検査をしたみてください。
ギャラリー
  • お腹の張り、腹痛
  • 爪が弱くなる、 割れやすい
  • 女性ホルモンの減少で更年期の症状が起きる
  • 【更年期の症状】心のイライラ