更年期と女性ホルモン

このブログで更年期の予防の情報を仕入れ、やってくる更年期を健やかにすごしてください。

女性ホルモンのエストロゲン低下が更年期にさまざまな病気を招く

エストロゲンは骨からカルシウムが減らないようにする働きもあります。そのため更年期になってエストロゲンが減少すると、骨粗しょう症になりやすくなります。

ほかにもコレステロールの増加を抑えたり、動脈硬化をガードしたりする働きもあります。

更年期前の女性が男性に比べて、生活習慣病になりにくいのは、エストロゲンのおかげだったのです。

ですから、更年期になってエストロゲンが減少すると、これまでのエストロゲンの恩恵に預かれなくなるのですから、さまざまな病気や症状が起こりやすくなります。

更年期に起こる更年期障害はその代表です。ほかに、泌尿器、生殖器の萎縮症状、子宮体がん、乳がん、さまざまな生活習慣病にもかかりやすいので注意が必要です。

更年期以降にかかりやすい生活習慣病は、心臓系、血管系です。エストロゲンにはコレステロールを下げる働きかおりますが、これが低下する閉経後は太りやすく、やせにくい状態になります。

また、血圧もあがり、高脂血症にもなりやすくなります。その結果、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害や狭心症、心筋梗塞などの心疾患を起こしやすくなるのです。

プレ更年期、更年期に重要な女性ホルモンのエストロゲン

プレ更年期、更年期を考えるとに重要なのは、女性ホルモンです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

エストロゲンは、卵巣から卵が育って排卵が起こるときに出る女性ホルモンです。

そして、排卵後、卵が卵巣から出ていったあとに、黄体という黄色いかたまりができ、そこから出る女性ホルモンをプロゲステロンといいます。

このふたつの女性ホルモンのうち、エストロゲンが女性の元気とキレイに欠かせないホルモンです。

エストロゲンは、そもそも女性らしい体つきをつくるのが大きな役目で、みずみずしい肌を保てるのも、エストロゲンのおかげです。

エストロゲンが十分でないと、肌が乾燥したり、肌荒れになったり、くすみ、しみ、しわの原因にもなります。

またエストロゲンをコントロールしているのは、大脳の視床下部と下垂体というところです。

下垂体では、体内のホルモン量を察知して、卵巣から分泌するホルモン量を調節する指令を出しています。

この下垂体を支配する視床下部には、自律神経をコントロールする部分があります。

女性ホルモンの分泌のリズムが変動し大きく変化すると、近所にある自律神経の調整も影響を受けて、バランスが崩れやすくなり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、肩こり、動悸、のぼせなどの自律神経失調症の症状が出やすくなります。

女性ホルモンの分泌が乱れると、自律神経失調症の症状が起こりやすくなり、また、その逆に自律神経失調症が起こると、女性ホルモンの分泌が乱れやすくなるということもあります。

東洋医学では女性ホルモンの変化は7年ごと

女性は7歳ころから初潮に向かって体が準備を始め、14歳ころまでには初潮が始まります。

21歳ころまでには心身が安定し、結婚、妊娠、出産の準備が整います。

28歳ころまでには心身ともに成熟期を迎え、35歳ころまでにほば妊娠、出産を終えます。

42歳ころには育児が終わり、子離れしていきます。

すると徐々に体調に変化の兆しが訪れ(この時期がプレ更年期にあたります)、49歳ころからは閉経に向けての更年期が始まります。

そして56歳ころまでにはほとんどの人が閉経し、63歳ころには閉経に体が慣れて体調が安定して、70歳ころから心身ともに老化に向かいます。

これが東洋医学で考えるおおまかな女性の一生で女性ホルモンの変化の時期と重なっていることがわかります。
ギャラリー
  • お腹の張り、腹痛
  • 爪が弱くなる、 割れやすい
  • 女性ホルモンの減少で更年期の症状が起きる
  • 【更年期の症状】心のイライラ