肩こりや首のこりは、プレ更年期にとでも多い症状です。女性ホルモンの低下で起こる肩こりは、鉄の板を入れたような感じに。もともと肩こり症の人も、異常なくらい硬く痛くなります。

また、今まで肩こりなんてほとんど感じなかっだのに、急に近ごろ肩こりを感じるようになったという人も。これもプレ更年期の兆候かもしれません。肩こりや首のこりだけでなく、肩こりによる頭痛や耳鳴り、目の疲れも、プレ更年期に起こりやすい症状です。

血行が悪くなっている証拠

女性ホルモンが低下すると、血液の循環も悪くなりがちです。血行が悪くなると、筋肉に疲労物質である乳酸がたまって、筋肉が凝り固まります。また、血行が悪くなることで、体が冷えて、さらに筋肉が硬くなるという、悪循環です。

それに加え、ストレス、運動不足、忙しくて緊張感が続くなどによって、肩こりはさらに起こりやすくなります。

肩こり、首のこりなど筋肉のこりも、女性ホルモンの低下と大きな関係があるのです。


ストレッチや入浴で

ほかにも日常生活の工夫として、ストレッチや軽い運動はおすすめです。血行をよくし、冷えを解消し、固まった筋肉をほぐしてくれます。また、冬場はもちろん、夏でも湯舟に毎日つかることは大事。足が冷えていると、肩もこりやすくなります。