更年期と女性ホルモン

このブログで更年期の予防の情報を仕入れ、やってくる更年期を健やかにすごしてください。

更年期

更年期と更年期障害

人は誰もが年齢をかさねるものです。たとえば8歳までの小児期、18歳までを思春期、そして女性の場合、45歳くらいまでを性成熟期と呼びます。

そしてこの次に迎えるのが更年期であり、45歳くらいからおよそ55歳くらいまでをいいます。更年期においては、女性にとってとても大きな変化に遭遇するものです。このひとつが閉経です。

性成熟期から更年期にいたるまで、徐々に卵巣機能が低下し続けます。そしてこれには女性ホルモンの分泌量が大きく影響しているものです。

また、女性ホルモンが急激に減少することにより、身体のみならず精神的にも大きな影響を及ぼすことになります。これこそが更年期障害であるわけです。

肩こり、残り

肩こりや首のこりは、プレ更年期にとでも多い症状です。女性ホルモンの低下で起こる肩こりは、鉄の板を入れたような感じに。もともと肩こり症の人も、異常なくらい硬く痛くなります。

また、今まで肩こりなんてほとんど感じなかっだのに、急に近ごろ肩こりを感じるようになったという人も。これもプレ更年期の兆候かもしれません。肩こりや首のこりだけでなく、肩こりによる頭痛や耳鳴り、目の疲れも、プレ更年期に起こりやすい症状です。

血行が悪くなっている証拠

女性ホルモンが低下すると、血液の循環も悪くなりがちです。血行が悪くなると、筋肉に疲労物質である乳酸がたまって、筋肉が凝り固まります。また、血行が悪くなることで、体が冷えて、さらに筋肉が硬くなるという、悪循環です。

それに加え、ストレス、運動不足、忙しくて緊張感が続くなどによって、肩こりはさらに起こりやすくなります。

肩こり、首のこりなど筋肉のこりも、女性ホルモンの低下と大きな関係があるのです。


ストレッチや入浴で

ほかにも日常生活の工夫として、ストレッチや軽い運動はおすすめです。血行をよくし、冷えを解消し、固まった筋肉をほぐしてくれます。また、冬場はもちろん、夏でも湯舟に毎日つかることは大事。足が冷えていると、肩もこりやすくなります。

男性にも更年期障害がある

男性にもプレ更年期、更年期障害はあります。女性は卵巣の寿命が突然やってきて女性ホルモンが激減します。

一方、男性はホルモンが安定していて、年齢によるホルモン減少も少しずつしか進みません。男性は60代になってもホルモンがあって、その年代の女性よりもエストロゲンを多く持っている男性がいるほど。

けれども男性でもストレスや生活習慣、体調低下で急にホルモンが下かって、更年期症状が出ることも。女性の更年期が知られていない時代は、怠け病といわれ苦しんできました。

男性にも更年期があるとわかれば、互いに思いやることができるのではないでしょうか。一部の泌尿器科や内科では男性へのホルモン補充療法を行っているところもあります。

お腹の張り、腹痛

stomachache

おなかが張って苦しい、便秘ではないのにおなかが張って、ひどくなると腹痛も起こします。また、下腹部の脇がシクシク痛むという人白。卵巣のあたりが痛むと感じるようです。

病院に行くほどの痛みではないので、気になるけれど、そのままにしているという声をよく聞きます。これらは、排卵後から生理前に起こりやすい症状です。

胃腸機能が徐々に低下して

おなかの張りに効く漢方薬は、桂枝加芍薬湯があります。そのほか、ひとりひとりの体質や症状に合わせた漢方を処方してもらうと、おなかの症状だけでなく、その他の不調も解消できる手立てになります。桂枝茯苓丸、補中益気湯、防風通聖散。体質や症状に合わせて処方してもらいましよう。

体力が落ちていて、おなかが冷えたりすると、張りやすくなります。

漢方薬は、下痢、便秘、吐き気を感じる人にも効果があります。長く飲み続けなくても、2~3服で効果を感じることも多いので、ぜひ試してみるといいと思います。

おなかのマッサージや運動を

おなかの張りや痛みは、体全体の調子や体力の低下、疲れが大きく影響しています。胃腸の働きを整えるのも自律神経やホルモンの働きによるからです。ですから体を温めることは大事です。おなかを十分温めて、お風呂

上りにやさしくおなかをマッサージしてみましょう。

ほかには、整腸剤、乳酸菌製剤などを飲むのもいいと思います。消化のよいものを食べて、適度に運動をすることもおすすめです。血行をよくして、体全体を温めます。

いろいろ試して、自分に合う対処法を見つけてください。

爪が弱くなる、 割れやすい

maxresdefault

ネイルができなくなる

爪のつやがなく、爪にすじができるようになった、爪が弱くなってすぐ割れるようになった、という話をよく聞きます。

爪を伸ばすとすぐ割れてしまったり、ネイルをすると爪が傷んで弱くなってしまうので、好きなネイルができなくなって悲しいという人もいます。爪も肌や髪と同様に、プレ更年期になると変化を感じやすいところです。


爪が弱くなる、 割れやすい原因は

女性ホルモンには、カルシウムやたんぱく質、コラーゲンなどの生成を助ける働きがあります。女性ホルモンが低下すると、徐々に肌や髪、爪が弱くなります。

これらは、女性ホルモンが下がることで、促進される症状です。頭のてっぺんから爪の先まで、女性ホルモンの影響があるのです。

ただし、このような症状が出るのは、甲状腺の病気、貧血、糖尿病、肝臓の病気、膠原病という可能性もあります。

肌、髪、爪の症状だけでなく、ほかにも気になる症状があったら、ぜひ一度病院で検査をしてもらってください。

自己診断して女性ホルモンが足りないせい、年だからと判断せすに、一度は検査をして問題がないかとうかを把握しておきましょう。

●ストレス、タバコに要注意
また、日光は老化を速め、乾燥させます。ほかにはストレス、タバコ、栄養不足、生理不順なども、老化を速めます。これらを解消することも大切です。体調がいいと肌、髪、爪もきれいで、調子がいいのか悪いのか、精神的な状態やホルモンの状態がわかります。

●爪マッサージもおすすめ
爪のトリートメントや栄養補給のためのクリームが市販されています。入浴後のリラックスタイムに、これらを使って爪のマッサージをしてみては。爪を丈夫にし、つやも出ますしストレス解消にもなります。
ギャラリー
  • お腹の張り、腹痛
  • 爪が弱くなる、 割れやすい
  • 女性ホルモンの減少で更年期の症状が起きる
  • 【更年期の症状】心のイライラ