更年期と女性ホルモン

このブログで更年期の予防の情報を仕入れ、やってくる更年期を健やかにすごしてください。

更年期

【更年期の症状】心のイライラ

annoy

更年期に近づいて女性ホルモンが低下すると、ストレスへの耐性が弱くなっていきます。
以前はなんなく乗り越えられたことが、わずらわしくて極端に耐えられなくなってしまうのも、女性ホルモンが低下しているからです。最初は生理前のイライラたったものが、徐々に生理周期に関係なくいつもイライラするようになり、心の不調を感じるようになります。

小さなことでイライラして、気になる。思考が堂々めぐりしてしまう。情緒が不安定になり、カツとなったかと思うと、ドカンと落ちこんでしまう。たいしたことではないのに、強いストレスを感じてしまう。

いきなり涙が出る。焦燥感が止められない。漠然とした不安を感じる。クヨクヨしてしまう。憂うつやうつ状態になる。何もする気が起こらない。よく眠れない。眠りが浅い。

人と接するのが億劫で出不精になる、などなど。心や情緒に強く症状が現れます。

からだと心はつなかつています。からだを立て直して。心の症状を解消する方法をご紹介します。

更年期の心の症状を、漢方薬で劇的に変えるのは難しいかもしれませんが、長く飲み続けると効果があります。女性ホルモン剤である程度よくなったら、漢方薬に切りかえる方法もあります。できればプレ更年期から漢方薬を始めておくと、更年期障害の予防になります。漢方薬は早目に始めておくことで効果を発揮する薬なのです。

プレ更年期や更年期の心の症状には、加味逍遥散、半夏厚朴湯、抑肝散がよく使われます。

加味逍遥散は、イライラ、情緒不安定に自律神経失調症が組み合わごったような、たくさんの症状がある人に。

半夏厚朴湯、抑肝散は、うつうつとして、のとにつかえるような感じがあり、お腹をさわると、みぞおちあたりやわき腹に張った感じがする人に。

ほかに、心身が疲れ弱って眠れない人には、酸棗仁湯が、神経質で胃腸が弱くなっている人には、香蘇散が効きます。

またサプリメントは、セントジョンズワート、バレリアン、大豆イソフラボン、チェストツリー、ブラックコホッシュ、薬用人参(朝鮮人参)、カルシウム、ロイヤルゼリーがおすすめ。

特に、薬用人参には、ストレス対抗作用と副腎を強化して元気にしてくれる働きがあります。

漢方では、「イライラは肝(肝臓)からくる」といいます。肝臓によい、ウコン、笹のエキスなどのサプリメントは、浄化作用があって、からだを楽にしてくれます。そうすると、心も元気になります。


イライラして心の不調があるときは、肝 機能が低下していることが多いのです。食事を軽くしてみてください。ずいぶん、イライラが減ってきます。
油分、塩気の少ないものを中心にして、アルコールやカフェインなど肝臓への負担が多いものを減らしましよう。

かぼちや、たまねぎ、かぶ、ゆり根など丸い形の野菜は、心を丸くするといわれています。食事にとり入れてみてください。お肉だったら、ビタミンB群が豊富な豚肉を。便の通りをよくしてくれます。ゆでた温野菜と一緒に食べましよう。また、精神安定に効果がある発芽玄米は、イライラには特におすすめします。

日常生活でケアしたいのは、ます睡眠。つらいときは、夜10時にはベッドに入りましょう。睡眠をよくとると、からだが楽になります。

女性ホルモンのエストロゲン低下が更年期にさまざまな病気を招く

エストロゲンは骨からカルシウムが減らないようにする働きもあります。そのため更年期になってエストロゲンが減少すると、骨粗しょう症になりやすくなります。

ほかにもコレステロールの増加を抑えたり、動脈硬化をガードしたりする働きもあります。

更年期前の女性が男性に比べて、生活習慣病になりにくいのは、エストロゲンのおかげだったのです。

ですから、更年期になってエストロゲンが減少すると、これまでのエストロゲンの恩恵に預かれなくなるのですから、さまざまな病気や症状が起こりやすくなります。

更年期に起こる更年期障害はその代表です。ほかに、泌尿器、生殖器の萎縮症状、子宮体がん、乳がん、さまざまな生活習慣病にもかかりやすいので注意が必要です。

更年期以降にかかりやすい生活習慣病は、心臓系、血管系です。エストロゲンにはコレステロールを下げる働きかおりますが、これが低下する閉経後は太りやすく、やせにくい状態になります。

また、血圧もあがり、高脂血症にもなりやすくなります。その結果、脳梗塞、脳出血などの脳血管障害や狭心症、心筋梗塞などの心疾患を起こしやすくなるのです。

プレ更年期、更年期に重要な女性ホルモンのエストロゲン

プレ更年期、更年期を考えるとに重要なのは、女性ホルモンです。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

エストロゲンは、卵巣から卵が育って排卵が起こるときに出る女性ホルモンです。

そして、排卵後、卵が卵巣から出ていったあとに、黄体という黄色いかたまりができ、そこから出る女性ホルモンをプロゲステロンといいます。

このふたつの女性ホルモンのうち、エストロゲンが女性の元気とキレイに欠かせないホルモンです。

エストロゲンは、そもそも女性らしい体つきをつくるのが大きな役目で、みずみずしい肌を保てるのも、エストロゲンのおかげです。

エストロゲンが十分でないと、肌が乾燥したり、肌荒れになったり、くすみ、しみ、しわの原因にもなります。

またエストロゲンをコントロールしているのは、大脳の視床下部と下垂体というところです。

下垂体では、体内のホルモン量を察知して、卵巣から分泌するホルモン量を調節する指令を出しています。

この下垂体を支配する視床下部には、自律神経をコントロールする部分があります。

女性ホルモンの分泌のリズムが変動し大きく変化すると、近所にある自律神経の調整も影響を受けて、バランスが崩れやすくなり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、肩こり、動悸、のぼせなどの自律神経失調症の症状が出やすくなります。

女性ホルモンの分泌が乱れると、自律神経失調症の症状が起こりやすくなり、また、その逆に自律神経失調症が起こると、女性ホルモンの分泌が乱れやすくなるということもあります。

東洋医学では女性ホルモンの変化は7年ごと

女性は7歳ころから初潮に向かって体が準備を始め、14歳ころまでには初潮が始まります。

21歳ころまでには心身が安定し、結婚、妊娠、出産の準備が整います。

28歳ころまでには心身ともに成熟期を迎え、35歳ころまでにほば妊娠、出産を終えます。

42歳ころには育児が終わり、子離れしていきます。

すると徐々に体調に変化の兆しが訪れ(この時期がプレ更年期にあたります)、49歳ころからは閉経に向けての更年期が始まります。

そして56歳ころまでにはほとんどの人が閉経し、63歳ころには閉経に体が慣れて体調が安定して、70歳ころから心身ともに老化に向かいます。

これが東洋医学で考えるおおまかな女性の一生で女性ホルモンの変化の時期と重なっていることがわかります。

女性ホルモンと更年期の関係

女性ホルモンは子宮内膜という赤ちゃんを育てる内膜を厚くします。妊娠していなければ子宮内膜は毎月はがれ落ちて、生理の出血となって出てきます。

それから乳房を育てて、乳房をふっくらとさせたりします。このように乳房と子宮で、女性ホルモンは働いています。

それ以外に肌や関節なども、女性ホルモンが働く場所です。

このように全身の健康と美容にかかわっでいる女性ホルモンが減ってしまうと、老化につながります。

女性ホルモンが一気に減る更年期以降、老けるのが早まるのもそのためです。

プレ更年期から女性ホルモンは減ってきますから、老化が徐々に始まっているといえるのです。
ギャラリー
  • 【更年期の症状】心のイライラ