更年期と女性ホルモン

このブログで更年期の予防の情報を仕入れ、やってくる更年期を健やかにすごしてください。

生理

【更年期の症状】生理の出血量が減ったり、生理の周期が短くなる

生理のときの出血量が最近、減ってきた、また、5日間は出血していたのに、3日間くらいで終わってしまったり、きれいな鮮血でなく、生理の終わりころのようなどろっと黒っぽい出血になってしまったという人は生理の出血量が減っている証拠です。

また生理の間隔(
以前は生理の間隔が約28日だったのが、短くなって22~24曰くらいですぐ生理がきてしまう)が短くなってくるのも、生理の出血量が減ってくるのもプレ更年期の兆候です。

生理のときの出血は、子宮内膜がはがれ出てくるものです。子宮内膜はエストロゲンの力で厚くなって、その後、子宮内膜がはがれ出血とともに落ちてくるのですが、エストロゲンの力が弱いと、子宮内膜が十分厚くならすに排卵し、その後、はがれてしまうので、出血量が少なくなります。

これはプレ更年期で卵巣の働きが落ちてきたのが原因です。プレ更年期でなくても体調が悪いと、脳から卵巣への指令がうまくいかす、エストロゲンが減って、内膜が厚くならす出血量が減る人もいます。

また、生理の間隔が短くなってくるのも、エストロゲンの力が弱くなっているのが原因です。卵巣機能が落ちてきている証拠で、プレ更年期の症状です。

プレ更年期で生理の間隔が短くなって、24日とか22日周期でしょっちゅう生理がきて出血すると、貧血になるこ
ともあるので注意が必要です。

日常の生活で鉄分をたくさん含んだ小松菜やパセリ、クレソンなどの食品やサプリメントを利用していつもより多めに摂るように心がけることが大切です。

生理の間隔が短いのに、たまに出血量が多くなるときがあると、貧血で調子が悪くなります。めまい、立ちくらみがする、階段を上がるとドキド牛する、すぐ疲れるなどの症状もあったら一度貧血の検査をしたみてください。

更年期とプレ更年期

生理がなくなる閉経は、卵巣にある卵がだんだん少なくなって、排卵をしなくなり、卵巣にある卵の力がなくなって女性ホルモンが出なくなる時期です。

閉経は平均50歳ぐらいです。1年間生理がなければ、閉経と考えます。でも若い女性がダイエットをしたあとなどに、1年間生理がなくなってしまうということがありますが、それは閉経ではありません。

なぜかというと、卵巣の中にまだ卵子があるからです。
赤ちゃんのときには卵巣に卵子が何万個も、何十万個も詰まっていたはすが、齢を重ねるごとに減ってきて、なくなってしまいます。

この閉経をはさんだ10年間、50歳が閉経だとすると、45歳ぐらいから、閉経後の5年間、55歳ぐらいまでを更年期といいます。

また女性ホルモンは卵巣から分泌されるので、卵が徐々に減っていく35歳ころから、女性ホルモンの分泌量もだんだん減っていきます。これがプレ更年期です。


女性ホルモンの分泌量が減ることで、生理の出血量が少なくなる人や、生理の周期が短くなる人などさまざまです。

若いときに32日周期だったのが、30日になり、28日なり、26日になり、そして人によっては、毎月2回ずつ生理がくるという人もいます。

また、生理周期はそのままなのに、量だけ減る人もいます。個人差が大きく、30代からそのような症状が出てくる人もいれば、45歳を過ぎてから、あるいは50歳を過ぎてからそのような症状が出る人もいます。

女性ホルモンは、このように、年齢とともにだんだんと減っていきますが、平坦に下がっていくのではありません。

女性ホルモンは、毎月、排卵と生理によって変化しながら減っていき、閉経の時期が訪れます。
ギャラリー
  • 爪が弱くなる、 割れやすい
  • 女性ホルモンの減少で更年期の症状が起きる
  • 【更年期の症状】心のイライラ